1. HOME
  2. 深く淡く霧島日和

深く淡く霧島日和

社員ブログ【霧島日和】更新しました! (2014/10/30)

 こんなご依頼をにも・・・ 平成26年10月30日

 

社員ブログ担当の渡辺です。

季節は秋ですが朝晩の冷え込み、もはや冬です。。。

作業着のインナーもTシャツから長袖に変えないといけませんね。

私の話はさておき、先日このようなご依頼を受けました。

 

『玄関の段差解消に1段踏み台を造れます』

 

玄関

 

 

 

 

 

 

 

 

↑なるほど、玄関のけあげ(段差)は29㎝ 1段あっても良い高さかもしれません。

製作する材料については、『昔の家を解体した時に残しておいた板材を使えますか』とのご依頼

 

押入れの奥から大事に梱包された板材を渡され、さっそく中身を確認してみることに、、、

 

 

松地板

 

 

 

 

 

 

 

 

↑これはこれは立派な松の一枚板!(渡辺 篤史なら こう表現すると思います)

 

解体時の傷や、反り防止の桟木がついていますが、まだまだ使えます。

この板がどのように変身するのかは、次回ブログにて ご紹介!

 

 


社員ブログ【霧島日和】更新しました! (2014/10/20)

 

【はっきりしない空模様です。。。】平成26年10月20日

 

社員ブログ担当の渡辺です。

10月20日 朝の天気予報は曇りだったのに、お昼頃から怪しい空模様で あっという間にポツポツと雨が、、、

天気予報を再確認したら傘マークに変わっていました(笑)

 

今月はそんな空模様の日が多く、先週までの台風には肝を冷やしました。

 

どの施工業者さんもそうですが、台風が近づくと仮設足場のシートを外し、隣接する建物へぶつかったり倒れないように

対策をするのですが、台風が去った後にはシートを復旧しなくてはいけません。

この作業意外と重労働です!

故に、2週連続で台風が発生して『最強クラスの台風』なんて言われてしまうと、、、心が折れそうになります。

 

おかげさまで台風の被害もなく無事に工事(U様邸新築工事)は進んでいます。

 

今回だけでなく 台風・雪・地震など災害が起きると工事中の物件だけでなく、過去にお手伝いさせていただいた

お家が気になる事がありまして、フラッと見に行ってしまうことがあります。

今回は、台風前に軒樋を直したお客様宅が気になって見に行ってしまいました。

 

手直し前はこんな感じです↓

樋工事前

屋根の経年劣化によって受け金物ごと外れてしまった軒樋。

今年は大雪が2度も降ったので、その影響かもしれません。

 

で、手直し後はこんな感じです↓

樋工事後

受け金物だけでは心配だったので、針金やシール処理などで復旧しています。

この工事は私が対応しましたが、今回の台風後でも問題なく機能していることを確認出来ました!!

 

お金をかけて、屋根を直したり新しい軒樋にする方法もありますが使えるものを活かして

直す事も大事だと思います。

 

こっそり見に行くなんて趣味が悪いかもしれませんが、決して怪しいものではございません。。。

気持ちが入っていると、気になってしまうものなのです。

 

ではまた

 

 

 

 

 

 


社員ブログ【霧島日和】はじめました! (2014/10/10)

【ご挨拶】平成26年10月10日

 

霧島ホーム 社員ブログ担当の渡辺です。

毎月10日・20日・30日更新で、霧島ホームでの

活動や暮らしに役立つ情報を更新します。


15 / 15« 先頭...1112131415

カテゴリー

最近の記事

  • 住まいのメンテナンス便り
  • 社長の独り言
  • 霧島日和
  • 霧島日和
  • 相続士について
霧島ホーム株式会社

〒188-0003
東京都西東京市北原町1-39-7(地図
TEL: 042-439-5670
FAX: 042-439-5671

[営業時間] 9:00~18:00

[定休日] 水曜日

[宅地建物取引業]
東京都知事(3)第87773号

[建設業許可]
東京都知事(般-25)第130374号

[設計事務所登録]
二級建築士事務所
東京都知事 第15078号

会社概要