1. HOME
  2. 深く淡く霧島日和

深く淡く霧島日和

社員ブログ【霧島日和】更新しました! (2018/01/30)

ノーマルではいけません!  平成30年1月30日

 

 

誰しも降らないでほしいと願っていましたが、降ってしまいましたね

東京に住んでいると12月~3月まではスタットレスタイヤに履き替え

なんて立派な発想にはなかなかならないものです。

凡人の私も、雪が降った午前中はノーマルタイヤで出かけていました。

午後になって、雪がちらつき

あっ、降ってきた

そんな感じです

気が付いたら、こんなになってしまって・・・

 

 

雪景色

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしよう??

そんな楽観的な感じでした、、、凡人な私。。。

 

夜のテレビニュースも

坂道の途中で動かなくなってしまう車や

数人で車を押して危機を脱する映像ばかりで

雪道でのノーマルタイヤって本当に怖いですね

 

 

降り始めてからですが、私もギリギリで装着しました。

チェーンに感謝です!!

 

スパイクタイヤ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


社員ブログ【霧島日和】更新しました! (2018/01/20)

左官補修    平成30年1月20日

 

 

 

会社近隣のお客さまより、玄関庇を支える柱の束石を補修してほしいとの

 

依頼がありました。

 

年始に来客があるので、玄関周りを綺麗にしたいとのこと。

 

 

束石

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかに、数寄屋様式で丁寧に造られている家なので気にはなりますね。

 

さっそく補修用のモルタルに接着剤を混ぜて、補修しました!

 

 

束石2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かな修繕から大きな工事まで、はば広く営業しております。

 

 

 

 

 


社員ブログ【霧島日和】更新しました! (2017/11/21)

トラックの内装工事 その2   平成29年11月20日

 

 

前回のつづきです。

http://www.kirishimahome.co.jp/news/4635

 

 

跳ね上げ式の木部(ベニヤ板)に塗装をするのですが、まずは養生から

養生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして下地処理

下塗り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げの塗装(鉄部の色に合わせて、グレー色です)

仕上げ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成~~!!

仕上げ2

 

 

 

 

 

 

 


社員ブログ【霧島日和】更新しました! (2017/11/11)

トラックの内装工事   平成29年11月10日

 

 

 

お客様よりトラックの内装工事を、ご依頼いただきました。

 

トラック??

 

何するの??

 

って、考えますよね(笑)

トラックにもイロイロな種類のトラックがありますが

ここでのトラックは、バンタイプで両サイドに跳ね上げ式の

ウィングがついています。

 

 

ウィングトラック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも新車!!

まずは塗装工事ですが、しっかり養生しないといけませんね

どう変わるのか、楽しみです。

 

 

 


社員ブログ【霧島日和】更新しました! (2017/10/30)

付属品ですが、耐震金物つけてみました    平成29年10月30日

 

 

毎月ポスティングしているチラシの反響で、家具の転倒金物を取付けて

もらいたいとの問い合わせをいただきました。

防災特集のチラシだったので、耐震ラッチなど新設金物のご提案でしたが

今回は、お客様の購入した家具に付属している転倒金物を取付けてほしい

との事でした。

 

チラシに掲載されていない工事でも、お気軽にご相談下さい!!

 

 

 

耐震金物

 

 

 

 

 

 

 

 

 


社員ブログ【霧島日和】更新しました! (2017/10/20)

消費者にやさしい~~ けど・・・。   平成29年10月20日

 

 

 

連日の雨で心がどんより、カビが生えてしまいそうな私・・・。

気温も11月を飛び越して12月初旬の陽気だとか・・・。

 

う~ん、いったいどうなっているの??

 

寒くなったから、自販機も暖かい飲み物ボタンが増え

コンビニもホットドリンクが目立つようになりました。

 

そうそう、

 

最近気になっているのが、再加熱できるペットボトルです。

再加熱できるペットボトルは昔からあったのかもしれませんが、注目したいのは

再加熱できることよりも、ドリンク残量に応じた加熱時間のめやすが記されていることです!!

 

 

ペットボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これなら量が多くても、自宅に持ち帰ってレンジでチン出来る!

なんて消費者にやさしいんだろうと、感心してしまいました。

 

でも・・・

 

ペットボトルが大きすぎて、自宅のレンジに入りませんでした。。。

 

 

 

 

 

 


社員ブログ【霧島日和】更新しました! (2017/10/10)

急に暑くなりました??   平成29年10月10日

 

 

 

10月10日は何の日?

 

体育の日なんて連想してしまう私。。。(古い世代の人間なんです)

それにしても昨日、今日と暑いです 10月の陽気なの??

と、いいたくなる天気です。

 

暑い暑いと言っても、2ヶ月前はもっと暑かったんですよね

思い出すだけでも暑くなってきます。

 

今回はのブログでは

私たちが暑いと感じる日差しを、毎日浴び続けている住宅屋根の

ビフォアーアフターをご紹介!

 

まず

 

一般的に経年劣化したスレート屋根は、このように劣化します。

 

 

屋根塗装前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表面の塗装が傷み、スレート色が浮き上がっています。

これをほっておくと、水分や埃などで苔が生えてくる場合があります。

 

スレート屋根の場合、表面の塗装が劣化してくると夏場は雨などによる含水や

高温下での乾燥収縮の繰返し、逆に冬場はスレートが含んだ水分が凍結と融解の

繰返し、それが長く続くと反ったり、割れたりします(雨漏れの原因)

 

なるべくスレート自体が水を含んだりしないように、表面に塗膜を作ることが

大事です(経年劣化の進行にもよります)

 

 

そして

 

 

メンテナンスをしてあげると、こんな感じで仕上がります。

 

 

屋根塗装後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで綺麗になると、こちらまで気分が良くなります!!

 

 

 

 

 

 

 

 


社員ブログ【霧島日和】更新しました! (2017/09/30)

インパクトありすぎです    平成29年9月30日

 

 

 

 早いもので9月も今日でおしまい、明日から10月です。

今年もあと3か月なんですね。

 

それはさておき、建築関係の仕事をしていると通りすがりの建築現場など

ついついチェックしてしまうのですが、最近インパクトありすぎな建築現場を

見つけたので、ご紹介します。

 

 

場所は、吉祥寺駅から中道通りを進んだ場所にあります。

日曜日は工事が休みなので、行き交う人達はスマホカメラで

パシャパシャ撮影しています(私もその一人です)

 

 

撮影した写真がこれです

 

 

変な建物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近くのジブリ美術館に似たテイストですが、これが商店街の

通り沿いに建っているのですから、インパクトありすぎです。

 

外観イメージではRC造(コンクリート造)で出来ている

ように見えますが、実は在来工法(木造)なんですよ~!!

 

 

着工当初からチェックしていたのがバレバレですね。。。

 

 

 


社員ブログ【霧島日和】更新しました! (2017/09/30)

すごいシャッター   平成29年9月20日

 

 

 

なかなか知られていませんが、こんなシャッターがあります。

 

 

シャッター1 シャッター2

 

 

左がシャッターが空いている状態、右が閉じている状態です。

ここまでは一般的なシャッターと同じです(ちなみに電動シャッターです)

 

シャッターが閉じている状態で、開くボタンを長押しすると

こうなります!

 

 

シャッター3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャッターは閉じているのに、隙間が出来て外が見えるようになりました。

この商品、シャッターを閉じていても光や風を取り入れられるように

シャッターの羽根が動くんです!!

 

シャッターを閉めた状態で、風が通るなんてスゴイです(注:虫は入ります)

 

 

外から見ると こんな感じです

 

 

シャッター4 シャッター5

 

 

商品はLIXIL製 エアリスです


社員ブログ【霧島日和】更新しました! (2017/09/18)

キッチンのメンテナンス  平成29年9月10日

 

 

一般的な間取りだと、システムキッチンのシンク隣りには

かなりの確率で冷蔵庫を配置させる間取りだったりします。

冷蔵庫をシンクへピッタリ寄せても、水が滴る程度の隙間が

出来てしまいます。

なかなか掃除出来ない場所なので、何年も放置してしまうと

こんな感じになってしまいます。

 

 

パネル作業前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水を含んだ側板が、腐蝕して塗装も剥がれています。

とは言っても、交換するほどキッチンも傷んでいないので

側板の上に耐水性のあるキッチンパネルを張ってみました。

 

 

パネル作業後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとした工夫で、商品寿命を延ばすことが出来ます。

キッチンに限らず、古くなって交換するか迷ったときは

遠慮なくご相談下さい!!


カテゴリー

最近の記事

  • 住まいのメンテナンス便り
  • 社長の独り言
  • 霧島日和
  • 霧島日和
  • 相続士について
霧島ホーム株式会社

〒188-0003
東京都西東京市北原町1-39-7(地図
TEL: 042-439-5670
FAX: 042-439-5671

[営業時間] 9:00~18:00

[定休日] 水曜日

[宅地建物取引業]
東京都知事(3)第87773号

[建設業許可]
東京都知事(般-25)第130374号

[設計事務所登録]
二級建築士事務所
東京都知事 第15078号

会社概要